誰がもらえるのか

交通事故の被害者となり慰謝料が発生する場合に誰が慰謝料をもらえるかについて説明していきます。ただし、場所によっては説明したような人にもらえない場合もありますので注意です。

基本的に慰謝料は被害者となる人がもらいます。これが大前提です。しかし、その被害者が死亡した場合は被害者に渡っても意味がないです。それについて説明していきます。まず、子供が受け取る場合についてです。妻あるいは夫がいる場合はその人に半分、子供に半分の慰謝料が払われます。子供が複数いる場合は子供の人数分半分ずつにします。妻あるいは夫も死亡している場合は子供に相続されます。人数に応じて配布されます。

次に、親が受け取る場合は母と父で生存している人、それと妻あるいは夫が生存している場合にそれぞれ支払われます。基本は妻が3分の2獲得、父母はそれぞれの生存している人数で配布になります。妻あるいは夫が死亡している場合は父母で半分ずつとなります。そして相続人に兄妹が受ける場合は、基本的には妻あるいは夫に4分の3、兄妹でそれぞれ人数での配分となります。妻あるいは夫が死亡している場合は兄妹の人数分配分されます。このように交通事故の慰謝料が誰に貰うかが決まっています。どのように配分されるのかをしっかりと確認して慰謝料獲得してください。

どうしたら増える?

慰謝料がどのような状態なれば金額が増えるかについて説明していきます。ただし、その状態によっては慰謝料が増えるとは限りませんので注意です。まず入院慰謝料についてですが、これはどれだけ入院したか、肉体的な問題がどのようなものがあるか、精神的に苦痛を出しただけ慰謝料が上がります。要するに交通事故によりどれだけ肉体的に精神的に問題が生じたかによって慰謝料が決まっていきます。ただし、基準がいろいろとありますのでそれに応じた金額になりますので注意です。

次に後遺障害の慰謝料ですが、これは後遺障害の状態によって金額が上がっていきます。生活あるいは仕事上支障が出る後遺症であればあるほど金額が上がっていきます。特に、これ以上直ることが出来ないという後遺症の場合は等級が決められていきますので、それに応じた金額の慰謝料を獲得することが出来ます。等級はそれぞれの等級で決められた症状や状態であればその等級になっていきます。1級に近づけば近づく程重い状態で慰謝料も上がっていきます。

そして死亡慰謝料ですが、これは年齢、家族構成、状態によって金額の上がり方が異なりますし、基準によっても変わりますので注意です。ただし、どのような状態でも相当多額になることは確実です。状態によって変わっていきますので、交通事故被害による慰謝料がどのくらい獲得できるかは、弁護士などに確認してもらうようにしてください。

 

慰謝料の種類について

慰謝料の種類について説明していきます。慰謝料は3つの種類にわけられており、入院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料という種類にわけられます。これについて今回は説明していきます。

まず入院慰謝料についてですが、これは交通事故で被害を受けた際に多くの人が獲得できる慰謝料となります。簡単に言えば病院に行った時に出た金額の慰謝料となります。交通事故により肉体的に被害を負ったからその分の慰謝料を獲得できるものです。これは入院をした場合も適応になります。故に、大きな事故により入院をかなりした場合でも慰謝料となります。簡単に言って迷惑料です。

次に後遺障慰謝料ですが、これは交通事故により後遺症が発生した場合に獲得できる慰謝料です。交通事故により傷が残ってしまったというところから、体の機能的に障害が残ってしまったところまででその状態によって金額が大きく変わります。詳しく説明すると様々なのでここでは簡単に説明しますが、後遺症によってランクのようなものがあり、それに応じた金額が慰謝料になります。故に、被害者の状態によって様々です。

そして死亡慰謝料です。これはそのままの通り被害者が死亡した場合の慰謝料です。これは死亡した本人対して、そしてご遺族に対しての慰謝料となります。主にこの金額は非常に高いです。

このように慰謝料があります。実際の事故の状態によってかなり異なりますので、しっかりと自分の状態を見て慰謝料を支払われたかを確認してください。

慰謝料ってなに?

当サイトでは慰謝料について紹介していきます。交通事故に遭った時に発生する慰謝料はどのようなものなのかについて説明していきますので参考にしてください。交通事故は出来るなら逢いたくないものですが、慰謝料などを理解していないと損をすることになる場合もありますので、しっかりと理解することをおすすめします。もしも、理解できないのであれば弁護士に相談しに行くことをおすすめします。

慰謝料とは簡単に言えば被害者が加害者から被った損害の金額となります。この被ったというのが重要で単純に物品の損害に限らず、精神的や肉体的に負った損害も対象となります。そして、その状態によって金額の状態もかなり変わっていきます。故に、事故の状態によってかなり金額が異なりますので注意です。特に、大きな被害を受ければ受けるほど金額が上がります。

慰謝料は基本的に治療費用、入院雑費、休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料(死亡慰謝料)の総額のことを慰謝料となります。一定の金額に必ずなるものではなく、その事故状態、その後の被害者の状態によって金額が変わっていきます。ですから、その点注意して慰謝料をもらわないといけません。弁護士の方でも理解をしているので、相談をすることで適切な料金になります。ただし、それを照明するためにレシートや診断書が必要になる場合がありますので注意です。

このように慰謝料というのがあります。交通事故に遭った時に発生するお金ですので、ある程度は覚えておくようにしてください。