慰謝料ってなに?

当サイトでは慰謝料について紹介していきます。交通事故に遭った時に発生する慰謝料はどのようなものなのかについて説明していきますので参考にしてください。交通事故は出来るなら逢いたくないものですが、慰謝料などを理解していないと損をすることになる場合もありますので、しっかりと理解することをおすすめします。もしも、理解できないのであれば弁護士に相談しに行くことをおすすめします。

慰謝料とは簡単に言えば被害者が加害者から被った損害の金額となります。この被ったというのが重要で単純に物品の損害に限らず、精神的や肉体的に負った損害も対象となります。そして、その状態によって金額の状態もかなり変わっていきます。故に、事故の状態によってかなり金額が異なりますので注意です。特に、大きな被害を受ければ受けるほど金額が上がります。

慰謝料は基本的に治療費用、入院雑費、休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料(死亡慰謝料)の総額のことを慰謝料となります。一定の金額に必ずなるものではなく、その事故状態、その後の被害者の状態によって金額が変わっていきます。ですから、その点注意して慰謝料をもらわないといけません。弁護士の方でも理解をしているので、相談をすることで適切な料金になります。ただし、それを照明するためにレシートや診断書が必要になる場合がありますので注意です。

このように慰謝料というのがあります。交通事故に遭った時に発生するお金ですので、ある程度は覚えておくようにしてください。