どうしたら増える?

慰謝料がどのような状態なれば金額が増えるかについて説明していきます。ただし、その状態によっては慰謝料が増えるとは限りませんので注意です。まず入院慰謝料についてですが、これはどれだけ入院したか、肉体的な問題がどのようなものがあるか、精神的に苦痛を出しただけ慰謝料が上がります。要するに交通事故によりどれだけ肉体的に精神的に問題が生じたかによって慰謝料が決まっていきます。ただし、基準がいろいろとありますのでそれに応じた金額になりますので注意です。

次に後遺障害の慰謝料ですが、これは後遺障害の状態によって金額が上がっていきます。生活あるいは仕事上支障が出る後遺症であればあるほど金額が上がっていきます。特に、これ以上直ることが出来ないという後遺症の場合は等級が決められていきますので、それに応じた金額の慰謝料を獲得することが出来ます。等級はそれぞれの等級で決められた症状や状態であればその等級になっていきます。1級に近づけば近づく程重い状態で慰謝料も上がっていきます。

そして死亡慰謝料ですが、これは年齢、家族構成、状態によって金額の上がり方が異なりますし、基準によっても変わりますので注意です。ただし、どのような状態でも相当多額になることは確実です。状態によって変わっていきますので、交通事故被害による慰謝料がどのくらい獲得できるかは、弁護士などに確認してもらうようにしてください。