慰謝料の種類について

慰謝料の種類について説明していきます。慰謝料は3つの種類にわけられており、入院慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料という種類にわけられます。これについて今回は説明していきます。

まず入院慰謝料についてですが、これは交通事故で被害を受けた際に多くの人が獲得できる慰謝料となります。簡単に言えば病院に行った時に出た金額の慰謝料となります。交通事故により肉体的に被害を負ったからその分の慰謝料を獲得できるものです。これは入院をした場合も適応になります。故に、大きな事故により入院をかなりした場合でも慰謝料となります。簡単に言って迷惑料です。

次に後遺障慰謝料ですが、これは交通事故により後遺症が発生した場合に獲得できる慰謝料です。交通事故により傷が残ってしまったというところから、体の機能的に障害が残ってしまったところまででその状態によって金額が大きく変わります。詳しく説明すると様々なのでここでは簡単に説明しますが、後遺症によってランクのようなものがあり、それに応じた金額が慰謝料になります。故に、被害者の状態によって様々です。

そして死亡慰謝料です。これはそのままの通り被害者が死亡した場合の慰謝料です。これは死亡した本人対して、そしてご遺族に対しての慰謝料となります。主にこの金額は非常に高いです。

このように慰謝料があります。実際の事故の状態によってかなり異なりますので、しっかりと自分の状態を見て慰謝料を支払われたかを確認してください。